法令に沿った処理を遂行!漁業系廃棄物なら専門業者に頼るべし

自動車

必要な書類チェック

電卓と車の模型

長年の使用によって、走行が難しくなった車両や事故によって走行不可能になった車両は廃車として処理しなければなりません。その際に、行わなければならないのが、廃車の手続きです。廃車の手続きを遂行しておかなければ、居住地を管轄する運輸支局から自動車税の支払い通知が届いてしまいます。実は、所有する車両が廃車となってしまっても、運輸支局はその事実を知らずに税金の請求書を送ってしまうのです。勝手に車のことを調べて、自動で自動車税の支払いに関連することを処理するわけではないのです。早急に廃車手続きを済ませて、車の税金請求書が来ないようにしましょう。

廃車の手続きには、複数の種類が存在します。もし、長年の走行や接触事故によって大破してしまった場合、あるいはすでに解体済みとなっている場合には、永久抹消を選ぶのが最適です。永久抹消をするためには、事前に必要な書類や費用の準備は勿論、管轄の運輸支局への受付可能かどうかの確認をすることから始めましょう。永久抹消に関する手続きで必要な書類としては、所有者の印鑑証明書と委任状、車検証にナンバープレート2枚に手数料納付書といったものです。また、自動車税や自動車取得税申告書というものも必要な場合があります。それらを全部揃えた上で、永久抹消の申請書を運輸局で記載するのです。ちなみに、地域によっては、先ほど紹介した必要書類の中で、不要なものが出てくる場合があります。管轄の運輸局HPをチェックして、必要なものは何なのかを細かく見ておきましょう。